今では禁煙率No.1といわれるチャンピックスですが、とりあえず飲めば良いというわけではありません。薬ですから、もちろん副作用もあります。まずは当サイトでチャンピックスについて詳しくみてみませんか?

電子タバコのハッカ液とチャンピックスの禁煙効果

電子タバコの魅力と言うのは、色々な風味を持つリキッドに在ると言いますが、電子タバコのリキッドは市販のものを購入して利用するほかにも自作で作ることが出来ると言われており、ハッカ液などを利用してリキッドを自作する人もいます。

煙草の銘柄の中にはメンソール系の煙草が在りますが、ハッカ液を利用してリキッドを作ることで、ハッカ液が持つスッとするフレーバーのリキッドを作ることが出来るため、普段からハッカやメンソール系の煙草を吸っている人の多くは、ハッカ液を利用した電子タバコのフレーバーが人気が在るのです。

尚、電子タバコと言うのは蒸気を吸引する愛好品になるのですが、国内ではニコチン入りのリキッドに規制が設けられており、節煙などで利用する場合には外国製のグッズが最適と言われています。
しかし、禁煙で利用する場合は逆にニコチン依存の効果が高くなると言われているのです。

ニコチンは体内に入る事でニコチン受容体に作用を促し、ドーパミンを放出する事で満足感を味わえるのですが、ニコチンが体内に入る事で依存を引き下げることが出来なくなるため逆効果になる恐れがあると言います。

チャンピックスは禁煙外来などで処方して貰える医薬品なのですが、チャンピックスにはニコチンが含まれていないのにも関わらず禁煙の効果を期待出来ると言った特徴を持つのです。

これはチャンピックスに含まれている成分がドーパミンを微量に放出させる作用を持つからで、チャンピックスを服用する事でニコチンを体内に取り込むことなく禁煙が出来ると言われているのです。
尚、チャンピックスは市販でも販売が行われているのですが、禁煙外来での処方の場合は保険適用となるのでリーズナブルな価格で禁煙が出来ると言ったメリットが有るのです。