チャンピックスを使う前に!

今では禁煙率No.1といわれるチャンピックスですが、とりあえず飲めば良いというわけではありません。薬ですから、もちろん副作用もあります。まずは当サイトでチャンピックスについて詳しくみてみませんか?

ニコチンを含まない代わりの副作用

チャンピックスは禁煙補助剤の1つで、病院の禁煙外来で処方される医薬品です。
禁煙外来と言うのは医師の指導の下で禁煙を行うことが出来る診療科であり、何度も禁煙に失敗している人などが禁煙外来に通う事で禁煙を成功させる目的で設置している病院が増えています。

チャンピックスは、この禁煙外来に通院する事で処方される医薬品になりますが、チャンピックスは12週間決められた量を服用する事で煙草が持つニコチン依存度を下げてくれる効果を持ちます。
因みに、この医薬品を服用する時の注意は途中で服用を止めない事です。

チャンピックスを利用して禁煙に失敗する人の中には、薬を服用しなくても禁煙出来ると思い、途中で止めてしまうと効果が薄れ、ニコチンの依存度が高くなると言います。
それ故に、禁煙外来の医師の指示に従い、12週間を利用して服用を続けることが大切です。

尚、チャンピックスは医薬品であることからも幾つかの副作用が起きるケースが有ると言います。
ニコチンの依存度を下げるために起きる副作用にはどのようなものがあるのでしょうか。

チャンピックスを服用すると、最初の1週間は0.5mg錠と言う低用量になりますが、8日目から1mg錠の量に増やす事になります。
個人差も有りますが、服用をした後にめまいが起きたり、眠気や意識障害などの症状が起きる事が有ると言います。
そのため、自動車の運転をする人などは、服用するタイミングなどにも注意をしなければなりませんし、服用後の自動車の運転は控えることが大切です。

尚、主な副作用としては、吐き気、頭痛、お腹のはり、上腹部痛、不眠、普段とは異なる夢をみる、便秘が起きるケースが有ると言います。
また、食欲の低下なども副作用として現れるケースが有ると言いますし、禁煙する事で生じる焦りや不安、気が落ち込むなどの症状が起きる事も有ると言われているのです。
尚、チャンピックスは医師の処方で服用を行う事になるため、何らかの症状が現れた場合は医師に相談をする事が大切です。

■チャンピックスの事ならこのサイト
チャンピックス(バレニクリン)通販